ガバナンス構造

CANNABIS DAOのガバナンス構造は、分散型で透明性の高い意思決定プロセスを実現し、プラットフォームの持続可能な成長とイノベーションを促進します。以下に、主要なガバナンスの構成要素とその役割を説明します。

CANNABIS DAOのガバナンス構造は、参加者全体の利益を最大化するように設計されており、プラットフォームの持続可能な成長とイノベーションを促進することを目的としています。各構成要素が連携して機能し、分散型で効率的な意思決定プロセスを実現することで、大麻研究の発展に貢献していくことを期待しています。

DAOメンバー

CANNABIS DAOのコミュニティは、CDSトークン保有者で構成されています。DAOメンバーは、研究提案の投票やガバナンス提案の承認、コミュニティの意思決定に参加することができます。また、CDSトークンをステーキングすることで、プラットフォームのインセンティブを受け取ることが可能です。

ワーキンググループ

ワーキンググループは、CANNABIS DAOの特定の業務やプロジェクトに焦点を当てた小規模なチームです。これらのグループは、運営、マーケティング、開発、法務、研究委員会、トークノミクスなど、様々な分野の専門家で構成されています。ワーキンググループは、DAOの運営と戦略的な方向性をサポートし、プラットフォームの発展に貢献します。

最終更新